BIOGRAPHY

国立音楽大学在学中の2010年に結成されたピアノデュオ。2014年からドイツ・シュトゥットガルト音楽大学大学院室内楽科にて研鑽を積み、2017年満場一致の最高点で修了。現在、ロストック音楽大学ドイツ国家演奏家資格課程ピアノデュオ科にてハンス=ペーター&フォルカー・シュテンツル氏に師事し、ドイツを拠点に演奏活動をしている。

ピティナ・ピアノコンペティション連弾上級金賞・読売新聞社賞、シューベルト国際ピアノデュオコンクール(チェコ)審査員特別賞、ローマ国際音楽コンクール(イタリア)2位、ピアノデュオ国際コンクール(ポーランド)ポーランド作品賞、モナコ国際ピアノデュオコンクール2位・聴衆賞をはじめ、国内外のコンクールで入賞。

メックレンブルク・フォアポンメルン音楽祭では、3000人を超える観客を動員したオープンエアにてサン=サーンス「動物の謝肉祭」のソリストをつとめた。ベートーヴェン・ハウス協会主催の子供がクラシック音楽に触れる機会を提供するファミリーコンサート等にも積極的に取り組んでいる。また、Würth Philharmoniker 2017/18シーズン・オープニングコンサートのソリストに抜擢され、マキシム・ヴェンゲーロフ指揮で共演。その演奏はSWR(南西ドイツ放送)にて高く評された。

2017年、ブルーノ・フライ財団より、優秀な若手音楽家に贈られるブルーノ・フライ音楽賞を受賞。

川端慶子 京都府舞鶴市出身。国立音楽大学音楽教育学科卒業。舞鶴市優秀文化賞受賞。これまでに藤澤眞理子、金子恵の各氏に師事。
柳瀬亮佑 神奈川県藤沢市出身。国立音楽大学音楽教育学科卒業。かながわ音楽コンクール・ユース部門総合第1位、神奈川県知事賞受賞。これまでに日比谷友妃子、金子恵の各氏に師事。

CONTACT